日本語教師 資格

MENU

日本語教師になるには|資格取得を目指す情報サイト!

日本語教師とは?

女性教師

日本語教師とは、主に外国人に日本語を教える教員を指します。

 

活躍の場は国内外問わずさまざまで、国内では、主に大学・日本語学校・企業などで定住外国人に対して日本語の指導にあたっています。

 

一方、海外では、日本と馴染みの深いアジア圏(タイ・ベトナム・シンガポール)などに在住して現地の人々に日本語を教えています。

 

日本語教師の資格は必須?

辞書イラスト

日本語教師の資格は、国家資格ではないため、働くために必ず取得しなければいけないというものではありません。

 

しかし実際問題、「日本語を話せる」ことと「日本語を教える」ことは全くの別物です。

 

皆さんの中でも、幼少から慣れ親しんだ日本語を「話す」ことは容易でも、「教える」となると何からすれば良いか分からず不安を感じるという方が多いのではないでしょうか?

 

日本語教師になるためには、言語以外にも、適切な指導能力・コミュニケーション能力・日本文化・歴史・慣習などのさまざまな知識が求められます。

 

そのため、未経験者が現場で通用するスキルを独学のみで習得することは難しく、日本語教師を目指す多くの方が専門のスクールや通信講座を利用しているのが現状です。

 

求人などでも、ほとんどの学校や企業が採用条件として「資格保有者」をあげていますので、本気で日本語教師を目指すなら資格は取得しておくことをおすすめします。

 

おすすめの「日本語教師講座」はどれ?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、スクール掲載数No.1の講座専門サイトです。日本語教師の資格を取得できる全国の主要講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。もちろんサービスはすべて無料です♪日本語教師を目指す方向けの講座は複数の団体で開講されており、それぞれカリキュラム・学習スタイル・料金などが異なりますので、必ず事前に比較をしたうえで申込むことをおすすめします。

 

ボタン画像

 

日本語教師になるには?

日本語教師になるには、大きく分けて以下3つのルートがあります。

 

@「日本語教師養成講座(420時間以上)」を修了する

日本語学校などで教師として働くためには、スクールなどに通い420時間以上の専門カリキュラムを履修する必要があります。

 

カリキュラムは文化庁の指針に沿ったプログラムとなっており、講座を修了すると「有資格者」として認定されます。

 

日本語教師を目指す方にとって最も一般的なルートであり、採用の現場でも非常に有利に働きます。

 

A「日本語教育能力検定試験」に合格する

日本語教師に必要とされる基礎的な知識や能力を検定する試験です。

 

試験はマークシート・ヒアリング・記述問題で構成されており、合格率は毎年20%程度の非常に難易度が高い試験となっています。

 

試験範囲は、一般言語学・教育学・心理学・比較文化・日本語教育の歴史など幅広く、独学での合格は難しいため通信講座やスクールに通いながら対策をするのが一般的です。

 

B大学・大学院で日本語教育主専攻・副専攻を修了する

大学(短期大学除く)で、日本語教育科目45単位以上を履修(主専攻)、または日本語教育に関する科目26単位以上を履修(副専攻)すると日本語教師として認定されます。

 

一般的に@Aの方法に比べ、実際の採用現場では評価が低い(採用されにくい)と言われています。

 

期間はどれくらいかかる?

日本語教師養成講座を受講する場合

日本語教師イラスト

日本語教師養成講座は、通学制または通信制のスクールで開講されており、学習期間は約半年〜1年ほどになります。

 

受講にあたり、年齢・学歴・職業などは不問ですので、どなたでも受講が可能です。

 

通学制の講座を受講するのが一般的ですが、仕事や子育てなどで学習場所や時間的な制約がある方は、通信講座を受講することをおすすめします。

 

日本語教育能力検定試験の合格を目指す場合

個人差があるので一概には言えませんが、3ヶ月程度集中して学習を積めば合格圏内の知識とスキルを見つけられると思います。

 

ヒューマンアカデミーなどの一般的な試験対策講座では、試験の3ヶ月〜半年前からの学習を想定してカリキュラムが組まれています。

 

資格取得後の就業状況はどう?

せっかく資格を取得できても、「本当に就職できるの?」という不安も耳にしますが、ここ数年、日本語教師のニーズは大きな高まり見せており、完全な売り手市場となっています。

 

国内の状況

上昇傾向イラスト

求人案件の数は3年前と比べて約2倍まで伸びており、需要に対して供給が追いつていないのが現状です。

 

日本学生支援機構が行った調査によれば、国内の日本語教育機関で日本語を学ぶ外国人の数は約5万人ほどおり、前年比で37.8%増となっています。

 

非常勤であれば、子育てと両立をしながら働ける環境も整っているため、主婦の就業者が増えているのも特徴です。

 

海外の状況

日本企業のアジア進出の影響で外国人雇用が増えていることから、海外における日本語教師の需要も増加傾向にあります。

 

また2020年開催予定の東京オリンピックに向けて、日本政府が訪日客を年間2,000万人まで増やす「ビジット・ジャパン事業」を推進しており、それに伴い諸外国における日本語教育に対する需要が高まっているのが現状です。

 

どんな職場で活躍できるの?

国内における活躍の場
日本語学校

資格取得後に70〜80%以上の方が活躍する最もポピュラーな職場です。

 

企業・団体への派遣

日本の企業で働く外国人ビジネスマンや研修生に対して、日本語やビジネスの現場で役立つマナーなどを教えます。

 

学校

インターナショナルスクールなどに通う外国人児童や留学生を対象に日本語を教えます。

 

ボランティア団体

自治体やボランティア団体が実施する「日本語教室」で日本語を教えます。

 

海外における活躍の場
日本語学校

主に東南アジアなど日本語教育のニーズが高い国々で日本語を教えます。

 

大学

海外の公立大学や私立の専門学校などで、そこに通う生徒を対象に日本語を教えます。

 

海外協力隊・ボランティア団体

青年海外協力隊やシニア海外ボランティアなどに所属して、現地の小・中・高の日本語教育アシスタントプログラムや、日本企業がボランティアで実施する日本語教育プログラムなどで日本語を教えます。

 

失敗しない!自分に合った講座を選ぶポイント

日本語教師養成講座は、複数の機関で開講されており、それぞれ特徴が異なります。以下5つのポイントは必ず確認したうえで申し込むことをおすすめします。

 

就職サポートは充実しているか?

資格取得後、日本語教師として就業を希望されている方は、事前に就業サポートの有・無、過去の就業実績などは必ず確認しておきましょう。

 

実績の豊富な講座には、求人サイトやハローワークには掲載されることのない待遇の良い優良求人が続々と集まっています。

 

検定試験の合格率は高い?

前述した通り「日本語教育能力検定試験」は、合格率20%程度の非常に難易度の高い試験です。

 

当然ですが、各講座それぞれ合格実績が異なります。過去の合格率が30%以上の講座を目安に選択すると良いでしょう。

 

継続しやすい学習形態か?

スクールが通いやすい場所にあるか、土日も開講しているか、振替受講や補講のフォローアップ体制は整っているかを確認しましょう。

 

また検定試験の合格者を対象に行ったアンケート調査では、90%以上の方が「3回目で合格した」と回答していることから、確実に合格を目指すなら合格保証付きの講座が良いでしょう。

 

学習期間はどれくらい?

学習期間は、最短3ヶ月〜約1年ほどかかるものまで講座によって異なります。

 

決して早ければ良いというものではなく、自分の置かれた学習環境やペース、目標などをよく吟味したうえで、無理なく継続して学べる講座を選びましょう。

 

教育訓練給付制度に対応しているか?

教育訓練給付制度とは、厚生労働大臣が指定する講座を受講した場合、国が学費の20%を負担してくれる制度です。

 

一部対応していない講座もあります。損することがないよう事前に確認したうえで申込みましょう。

 

講座に申し込む前に必ず見学を!

日本語教師イラスト

まずは、ブラッシュアップ学びのような「資料一括請求サイト」を利用して、複数の講座の資料をまとめて取り寄せてみましょう。

 

資料には、無料とは思えないほど、講座の内容や実績、実際に現場で働く先輩の声などがたくさん掲載されています。

 

他にも、ネットでは確認できない「職場密着レポート」や「業界予測」といった面白い読み物コンテンツも豊富なので、資格の取得をどうしようか検討中の方にもおすすめです。

 

資料をパラパラと眺めているだけでも、新しい発見があって楽しいですよ♪

 

資料を確認後、自分に合いそうな講座を2つ3つ選択し、思い切って「体験授業」や「無料説明会」に参加してみると良いでしょう。

 

体験授業では、実際の授業の感じや、教室の雰囲気、講師との相性などを肌で感じることができるので、申し込み後に「こんなはずじゃなかったのに…」と失敗するリスクも減らせると思います。

 

中には、スクールのホームページをざっと確認しただけで申し込んでしまう方や、根拠の無いランキングサイト等の評価を鵜呑みにして申し込んでしまう方もいますが、スクール選びは、その後の人生にも影響を及ぼす重要なものです。

 

よくよく吟味し納得したうえで、決定することをおすすめします。

 

資料一括請求サイトを活用しよう!

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、スクール掲載量No.1の資料一括請求サイトです。講座に申し込む際は、事前のリサーチが必須ですが、自力で全て調べ1つ1つ資料を請求して、さらに比較をしていくのは大変な作業です。資料一括請求サイトを活用すれば、自宅近くの講座を一目で比較、まとめて資料を請求できるので便利です。サービスは全て無料なので、まずは資料を請求することから始めましょう。

 

ボタン画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

普段何気なく使っている日本語ですが、改めて振り返ってみると、表現に迷ってしまった事や、思わぬ言い間違いでトラブルになってしまった事があるでしょう。世界に数多くある言語の中でも、一般的に日本語は外国人にとって難しい言語であると言われています。その理由は、同じ内容でも複数の言い回しがあるといった複雑さにあり、相手と自分の立場によって尊敬語や謙譲語に変化していく文法まで正確に理解するには、それなりの時間がかかります。漢字に馴染みがない外国人にとっては、漢字の勉強もしていかなければいけません。日本語をマスターする為には、日本語教師になるためには、日本文化も同時に理解していく必要があるので、とても大変です。外国人に日本語を教えるのが日本語教師、外国人に正しい日本語を分かりやすく教えているのが、日本語と外国語に詳しい日本語教師です。日本人が英語などの外国語を一から学ぶ時には、丁寧に教えてくれるレッスンに通うのと同じように、外国人は日本語教師から日本語を学びます。それゆえ、日本語教師が教える相手は、はじめて日本語に触れる方ばかりで、意思疎通の為に他の言語を用いる事も必要になります。おまけに、外国人と一口に言っても、アメリカ人などの欧米系、出稼ぎで来ている方も多いブラジル人などの南米系、日本経済に深く関わっている中国人などの東南アジア系と幅広いのです。日本語学習の需要は日本国内においても高まっており、グローバルに活躍できる進路として注目されています。日本語ができるだけではダメなの?日本で生まれ育った方ならば、日本語での読み書き、それにヒアリングとスピーチもできるのが当たり前です。しかし、その日本語が本当に正しいものなのかと聞かれたら、ほとんどの方が首を傾げてしまうでしょう。義務教育で国語を一通り学ぶものの、その文法を正しく外国人に説明できる方はあまりおらず、外国人に教える為の専門的な勉強、あるいは実務経験が求められるのです。そういった専門知識が豊富で、なおかつ一定期間以上の実務経験がある方が、日本語教師として様々なフィールドで活躍しています。日本語教師になるには、日本語ができるだけでは不十分であり、相手にとって分かりやすく教えられるスキルも必要不可欠なのです。日本語教師の資格取得、大学進学できる方は日本語教育主専攻、現役高校生などの大学進学ができる方は、日本語教育を主専攻で学べる大学を検討してみましょう。主専攻とは、専門的に学ぶ分野の事であり、カリキュラムにおいても大きな割合を占めています。副専攻として日本語教育を学ぶ選択肢もありますが、主専攻より少ないボリュームになってしまうので注意しましょう。教育学部で教員免許を取得できる主専攻を選びつつ、同時に副専攻として日本語教育を選択するといったような、他の専門分野を修めながら日本語教師になれるスタイルもあるのです。もっとも、日本語教育の主専攻と具体的に指定している求人も少なからずあるので、よく考えてから進学する大学と専攻を決める事をお勧めします。時間をかけられる方は日本語教師養成講座、日本語教師になるために1年ぐらいの時間をかけられる方に人気があるのが、一からプロの日本語教師になれる日本語教師養成講座です。開催しているスクールが多いので、他の用事のついでに立ち寄りやすく、自分にとって便利な立地条件の校舎を選べる環境となっています。この日本語教師養成講座は、長年の実績があるカリキュラムであり、大学に通うほどの時間と資金はないが体系的に学びたい方に選ばれています。現在の仕事を続けながら学べるメリットがあるので、土日の休日を利用して通うサラリーマン、平日の家事の合間を縫って通う主婦、日本語教師に興味がある学生など、様々な立場の方が受講しているのが特徴です。すぐに資格が欲しい方は日本語教育能力検定試験、すぐに日本語教師の資格が欲しい方は、日本語教育能力検定試験にチャレンジしてみましょう。無資格だが日本語教育の実務経験がある方や、これまでに日本語教育の基礎を学んできた方にとっては、最新の出題傾向をおさえる程度で合格できる可能性があります。ヒアリングを含めた筆記試験だけなので、教材一式さえあれば独学でも合格できるのです。初心者が日本語教師の資格を取得するケースでは、この日本語教育能力検定試験は相当な難関になります。試験範囲が広く、独学ではモチベーションの維持についても気をつけなくてはいけません。どっちみち長時間の学習が必要ならば、すぐに働けるように日本語教師養成講座と組み合わせてみるのも有効です。

更新履歴