日本語教師 アメリカ

MENU

日本語教師の仕事|アメリカで働くには?

現地の日本人が多く競争が激しい環境

日本と最も関係が深い国といえば、日本人なら誰もがアメリカの名前を挙げるでしょう。軍事面から今日の食卓の食材に至るまで、日米の交流は多岐にわたっています。

 

近代においては、このアメリカの意向によって世界が動いているほど、影響力が強い大国です。

 

日本語教師の志望者の中には、憧れのアメリカで仕事をしたい方もよくいます。

 

けれど、日本と日常的に接している国だけに、すでに現地に多くの日本人が暮らしているのです。短期留学の学生も含めたら、その人数はかなりの数に上ります。

 

アメリカ在住の日本人が親しい友人に教える、あるいは、アルバイト感覚で講師を務める程度で済んでしまっています。

 

アメリカでは専門職の定義が厳しい

移民が大きな割合を占めているアメリカであっても、外国人が働くにはハードルが高くなっています。

 

むしろ、移民の国だからこそ、アメリカ人の雇用を守るべく、専門職の定義が厳しくなっているのです。

 

アメリカの就労ビザを取るだけでも一苦労ですし、求人に応募して採用される為には、相応の学歴とスキルを求められます。

 

東南アジア圏では、無資格の高卒でも雇ってもらえる可能性がありますが、アメリカにおいては専門職としてまず認められません。

 

アジア圏に比べて日本語教育の需要があまりないので、看護師等の専門職としてアメリカに入り、ついでにボランティアとして日本語教育も行う方が現実的です。

 

日本国内からでは求人を見つけにくい

アメリカ国内だけで完結してしまう為、日本国内から自力で日本語教師の求人を見つけることは難しいです。

 

現地にコネクションがある仲介業者のプログラムへの参加などで、まずアメリカとのつながりを持ちましょう。

 

州によっても全く環境が異なるので、アメリカで働きたい場合は、州の選定から始めなければいけません。

 

アメリカは日本よりもハードな競争社会であり、専門職の採用は実績のあるプロをヘッドハンティングするか、信頼できる人物からの紹介、または、仲介業者からの人材紹介だけです。

 

どうしてもアメリカで日本語教師をしたい場合は、アメリカの良い大学へ留学するぐらいの覚悟が必要となります。