日本語教師になるには

MENU

日本語教師になるには?

キャリアによって証明される

日本語教師と聞くと、何か特別な教員免許が必要と考えがちですが、実際には誰でも自由に名乗れます。

 

たとえば、あなたが自分は日本語教師であると主張しても、それを咎める人間はいないのです。

 

けれど、名乗れることと、日本語教師としてのキャリアは別の問題となっています。

 

日本語教育について何もキャリアがなければ、腕の良い日本語教師を探している勤務先からは相手にされない可能性が高いです。

 

誰でも応募できることから、福利厚生が充実している好条件の求人には、色々な人間が集まってきます。

 

日本語教師は、キャリアによって証明される職種であり、地道に信用を積み上げていかなければいけません。

 

文部科学省の推奨が国際基準となっている

日本の教育機関を統括しているのが文部科学省でして、その中には日本語教育に関する専門機関も含まれています。

 

すでに世界中で活躍しているボランティアの活動を妨げない為に、モデルケースの1つの域を出ていませんが、最も信頼性が高い指針と言えるでしょう。

 

約420時間ものカリキュラムが示されており、少なくともそれぐらいの時間は日本語教育について学ぶ必要があります。

 

問題なのは、日本語を何も知らない外国人に対して、分かりやすく教えられるスキルの習得です。

 

日本語の仕組みを知っていなければ、生徒からの素朴な疑問を解消できないので、基礎から一通り勉強するのがポイントとなっています。

 

履歴書に記載できる民間資格の取得が効果的

ボランティア活動で実績を積むのも有効ですが、それでは自分の日本語教育のレベルを証明することが難しくなってしまいます。

 

報酬が発生しないボランティアでは、仮にプロ並みの教え方ができていても、一般的には職務経歴としては認められません。

 

特に、ボランティア活動を証明してくれる団体が慈善事業であった場合、あとから会社が調査、あるいは、担当者に問い合わせをするのが困難です。

 

そのような団体では、いちいち個人の活動内容を記録していない上に、会社にとってはその団体の信頼性を調査する手間もかかってしまいます。

 

日本の国内外を問わず、履歴書に記載できる民間資格を取得することが有効です。