日本語教育能力検定試験 参考書

MENU

日本語教育能力検定試験の対策|おすすめの参考書&テキスト

日本語教育能力検定試験の過去問

日本語教育能力検定試験は、市販のテキストによる独学でも合格できる可能性がある試験です。

 

まずは過去に出題された問題を入手して、試験の内容を理解する必要があります。

 

自分の力試しを兼ねて、本番と同じ制限時間で問題を解いてみましょう。

 

テキスト&参考書を揃える時には、まず過去問から購入するのが鉄則です。

 

過去問についてはどこのものでも同じですが、どうしてその解答になるのかの解説で差がついているので、そこを確認してから購入することをお勧めします。

 

自分の現在位置が分からないと、試験勉強の計画を立てられません。目的は試験に合格することなので、合格点さえ取れれば良いのです。

 

検定試験合格を目指すCD付き教材

過去問で自分の力不足を実感したら、次に試験勉強の軸となるテキスト選びに入ります。

 

ヒューマンアカデミーの完全攻略ガイドのように、その1冊だけで試験範囲を全て押さえられるテキストがお勧めです。

 

このテキスト選びによっても試験勉強の効率が大きく違ってくるので、早めに情報収集を始めましょう。

 

CD付きのテキストであれば、机の上だけではなく、リスニングによっても日本語教育の学習ができます。

 

なお、試験改定が予定されている場合は、必ず改定内容が反映された最新版を購入しなければいけません。

 

自分の将来に直接関わってくることだから、お金をケチらずに新品のテキストにしておくべきです。

 

知識量を増やす為の問題集と用語集

テキストだけでは問題演習が不足してしまうので、知識量を増やす為の問題集と用語集も必要です。

 

こちらについてはテキストを補強する役割を果たすから、テキストと連動しているものが有効となっています。

 

特に、問題集については、できるだけテキストと同じシリーズにするべきです。

 

用語集などの参考書は、自分にとって使いやすい内容であるかが重要となります。

 

ここが分かりにくいと学習スピードが遅くなってしまう為、評判が良い参考書をパートナーとして机の上に置いておくのがポイントです。

 

易しいテキストを中心に学習する方法もあるので、自分の実力と相談しながら、じっくり考えてみましょう。