日本語教師 中国

MENU

日本語教師の仕事|中国で働くには?

求人が豊富にある

海外で働く日本語教師の大部分は、日本の隣にある中国にいます。中国は、経済面での躍進が大きく、あらゆる点でアメリカと並ぶ大国として意識されているのです。

 

日本とも密接な関係があり、日本滞在をする中国人が年々増加しています。

 

日本と習慣的な商取引があるだけに、中国の各地には日本語を学ぶ語学学校が多くあります。

 

広大な土地がある中国で働く場合は、地域による文化の違いなどの事情を知っておくべきです。

 

飛行機1本で現地へ行ける近さだから、実際に現地へ行ってみてから検討してみるのも良いでしょう。

 

オンライン上の日本語教師の求人サイトか、中国の語学学校のサイトなどで直接探せます。

 

日本の大学は中国の大学と交流がある

日本の大学は、民間レベルで中国の大学と交流しています。留学生の受け入れも積極的に行っており、その関係で現地にコネを作っておくのも有効です。

 

中国の大学における日本語教師の求人は、政府公認の教育機関だけに好待遇となっています。

 

福利厚生だけを見ても、教員用の寮の提供などの充実ぶりです。

 

政府要人を輩出した名門大学となれば、中国の裕福な家庭の子供が進学していて、落ち着いた環境で教えられます。

 

給与としては安いのですが、福利厚生と物価を考えたら一考の余地があります。

 

何より、中国で日本語を教えていたキャリアは強く、日本に帰国してからも転職時に大きなアドバンテージになるのです。

 

文化の違いを理解しつつキャリアアップ

ヨーロッパ方面とも地続きになっている中国には、島国の日本とは異なり、大陸的な多様性があります。

 

一族単位で行動するので、日本人に比べて他人に冷たいとされるケースも見られます。

 

しかし、歴史的に色々な戦いがあった関係で、信頼できる人間とそれ以外を区別する傾向にあるだけなのです。

 

何らかのキッカケで個人的に親しくなれば、かなりフレンドリーに接してくれます。

 

もっとも、常に周囲と競争しているアグレッシブな国民性だから、中国では公共的なマナーはあまり期待しない方が賢明です。

 

文化の違いを理解しつつキャリアアップをすれば、日本においても長期的に活躍できる日本語教師になれます。