日本語教師養成講座

MENU

日本語教師養成講座ではどんな事を学ぶ?

日本語の概念を外国人に伝える為の方法

日本語教師は、日本語を全く知らない外国人へ分かりやすく教えることが仕事です。

 

海外では日本語のような複雑な言語は少なく、漢字を覚えてもらうだけでも相応の時間がかかります。

 

アルファベットだけで構成される母国語に慣れている外国人にとっては、日本語はかなり難解な言語です。

 

日本語教師養成講座では、日本語の概念を外国人へ伝える為の方法を具体的に学べます。

 

多くの方が、高いお金と時間をかけて養成講座に通うのは、この実務のノウハウを順序立てて学べるからです。

 

日本語教育についてある程度知っていても、一般常識レベルと、一定時間で外国人に理解させる実務レベルでは大きな隔たりがあります。

 

正しい日本語としての文法と発音

日本語にはファジーな部分があり、同じ意味でも複数の表現が見られます。

 

学術的には間違っている用法でも、広く受け入れられた結果、そちらが正規の表現となった事例まであるのです。

 

複雑な経緯がある日本語を正しく教える為には、やはり日本語教師養成講座の整然としたカリキュラムが必要でしょう。

 

正しい日本語としての文法と発音を学べば、生徒に教える時にも自信を持てます。

 

何も知らない外国人に対しては、細かい内容よりも、日本語に慣れてもらうことが先決です。

 

逆に、日本語の基礎はできていて、ビジネスなどで通用する実践的なテクニックを知りたい方には、より高度な内容でなければいけません。

 

外国人の生徒へ教える為のロールプレイ

あまり外国人と接した経験がないと、やっぱり緊張してしまいます。

 

でも、それは生徒側にとっても同じことで、その緊張をやわらげてあげるのも大事な仕事です。

 

日本語教師養成講座においては、外国人の生徒へ教える為のロールプレイにも力を入れています。

 

同じクラス内において、交代で教師役を行うから、無理なく場数を踏んでいけます。

 

本番に近い環境でロールプレイすることで、自分に足りない部分が浮き彫りになり、目的意識を持ちながら学科に取り組めるのです。

 

ただ知識を習得するよりも密度が濃く、プロの日本語教師になれます。

 

通学講座が人気なのは、このロールプレイを経験できる点が大きいです。