日本語教師になるには 難易度

MENU

日本語教師になるには|難易度はどれくらい?

養成講座を受ければ誰でも日本語教師になれる

日本語教師になる難易度は、他の専門職に比べて低く、養成講座の受講者の中には高齢者の姿も見られます。

 

日本語教師養成講座という育成プログラムが確立されているので、お金さえ払えばいつでもプロを目指せるのです。

 

また、養成講座の修了者の活躍があるから、未経験でも専門職のスキルはあると判断されます。

 

資格は、取得してもすぐに転職できないか、あるいは、業務独占資格で5年以上の勉強が必要なもののどちらかに分類されます。

 

せっかく忙しい中で勉強時間を作っても、取得した資格が役に立たないのでは意味がありません。

 

日本語教師養成講座は、転職と直結している、新たな道へのパスポートです。

 

難易度の高い資格は人によって数年かかる

好待遇の求人には、すでに教壇に立っている日本語教師もどんどん応募してきます。

 

キャリアアップ目的の転職が一般的な職種だから、良い求人に対して積極的に自分のスキルをアピールしているのが特徴です。

 

安定した正社員になることが、多くの日本語教師にとっての最終目標となっています。

 

難易度の高い資格を取得しておけば、競争倍率が高い求人においても効果的です。

 

日本国内の官公庁の求人では、日本語教育能力検定試験の合格が応募資格になっています。

 

難易度の高い資格だから、人によっては数年がかりの勉強となるでしょう。

 

短期間の対策講座を受ければ、日本語教師として働きながらでも合格できます。

 

東南アジア圏の国であれば就職の難易度は低い

日本に対する関心が高い東南アジアの国々であれば、日本語教師になりやすいです。就職の難易度が低く、海外で日本語教育を行うことが目的の場合は、すぐに達成できます。

 

いっぽう、世界の中心となっているアメリカなどの北米圏、多くの国が集まっているヨーロッパ圏、オーストラリアで日本語教師になるには、現地で大卒の学歴も取得しなければいけません。

 

東南アジアがお勧めなのは、すぐに雇ってくれる日本語教師の求人が豊富というメリットがあるからです。

 

日本語教師の給与的に、現地の物価が安い方が有利という点もあります。

 

世界の主要国においては、日本語教師の給与では暮らしにくい場合も見られます。