日本語教師養成講座

MENU

日本語教師養成講座とは?

■文化庁の420時間カリキュラムがベース

 

日本語は日本の公式な言語であり、正しい日本語を教えられる日本語教師の養成は、日本の将来に大きく関わっています。それゆえ、日本の教育などを管理している文部科学省、その中でも日本文化を扱っている文化庁によって、日本語教師の養成に関するガイドラインが提示されています。

 

異文化コミュニケーションから、現場で必要な言語学と教授法まで習得して、外国人に分かりやすく教えられる日本語教師を養成できる420時間カリキュラムをベースにしたのが、各スクールが開催している日本語教師養成講座です。

 

日本語教師養成講座では、教材による学科だけではなく、実際に外国人に教える教育実習も重視しています。

 

正しい日本語と教え方を同時に学べる

正しい日本語を学んだだけでは、まだ外国人に教えられる段階には達していません。外国人の母国語との関連性を示していく事で、はじめて日本語を理解させられるのです。

 

外国語学習では、最初はその言語の母音、子音の発声練習から入りますが、日本語は発音のニュアンスでも意味が変わってしまいます。

 

したがって、正しい日本語と教え方を同時に学べる日本語教師養成講座を修了している効果は大きく、それだけで信頼できる日本語教師と見なされるでしょう。

 

まず実務経験を積むべきなのでは?という意見もありますが、一度プロとして教壇に立ったら、基礎からじっくり学ぶだけの時間を確保する事は困難です。

 

教育実習によって即戦力の日本語教師に

日本語教師の資格は複数ありますが、その中でも日本語教師養成講座は別格の扱いとなっています。

 

なぜなら、豊富なノウハウを活かした教材とベテラン講師による学科、外国人の生徒に教える教育実習の両方を経験しているからです。

 

採用する側としては、短時間でも実際に教壇に立った事がある方を優先します。

 

学科で学んだ内容をすぐに教育実習で実行できるから、知識の定着が早いですし、今の自分に何が足りないのかを理解した上で再度勉強に励めます。現場経験がある講師からの批評も得られるので、フィードバックによって密度の濃い時間となります。

 

実際に外国人の生徒に教えた経験があれば、面接でも堂々とアピールできるでしょう。