日本語教師 ヨーロッパ

MENU

日本語教師の仕事|ヨーロッパ圏で働くには?

ヨーロッパ圏では日本語への興味が薄い

アメリカ以上に日本人が憧憬を抱いているのが、イギリスなどのヨーロッパ諸国です。

 

古い歴史とオシャレな町並みに憧れて、プロの日本語教師になればヨーロッパ圏で働ける可能性ができると期待している方もいるでしょう。

 

ところが、ヨーロッパ圏の大部分では、そもそも日本語への興味が薄いのです。

 

ヨーロッパ圏は多くの国が陸続きになっており、その中で一連の経済活動が行われています。

 

主な取引先は、大西洋をはさんで位置しているアメリカであって、はるか遠くにある島国の日本を意識する方は少ないのが現実です。

 

日本語教育の需要がほとんどないことから、日本語教師の求人はめったに見かけません。

 

現地の日本人は日系企業の支社勤務などが中心

ヨーロッパ圏で働いている日本人は、おおよそ国際的に活動している日系企業の社員です。

 

現地でなければできない活動、広報活動やマーケティング、正確で早い情報収集の為に支社に勤めています。

 

現地の企業で働いているサラリーマンにおいては、輝かしい学歴とスキルを持つエリートばかりです。

 

日本語教師養成講座を修了しても、ヨーロッパ圏の国で就労ビザを取得するのは困難となっています。

 

日本の経済成長が止まり、代わりに中国が台頭してきたことから、どちらかといえば中国語の需要の方が大きいです。

 

共通語が英語で、ビジネスチャンスを増やす為に中国語を学ぶといったスタンスが多く見られます。

 

ヨーロッパ圏は世界でも有数の階級社会

貴族という概念がヨーロッパ圏で誕生したように、世界でも有数の階級社会となっています。

 

そのため、全員が貧しいが助け合っている東南アジアと違って、金持ちは金持ち同士で付き合い、それ以外は相応の生活を余儀なくされています。

 

階級が固定されていることから、日本語を覚えて収入を上げようといった思考がなく、それ以前に日本の存在を知らない方までいるのが特徴です。

 

ヨーロッパ圏からすれば、ほとんど地球の裏側にある島国という認識に過ぎず、階級社会の選別と相まって、かなりハードルが高くなっています。

 

自分の価値を認識させられるだけの学歴などを作らなければ、現地で働くことは難しいです。