日本語教師になるには 最短

MENU

最短で日本語教師になるには?

民間資格取得と語学学校の講師への就職

日本語教師に関係した民間資格を取得すれば、語学学校の講師へ就職できます。

 

系列の日本語学校がある講座ならば、そのままエスカレーター式に外国人に教えられるケースも見られます。

 

最短で日本語教師になるプランとしては、最も門戸が広く、日本国内でそのまま仕事ができるので、万人にお勧めできる選択です。

 

就職しやすいメリットがある為、職務経歴を積み上げてキャリアアップしたい方に向いています。

 

日本国内で日本語教師としてやっていく場合、有資格者であっても実務経験がないと相手にされません。

 

まずは早く日本語教師としてデビューし、プロと認められるだけの実力をじっくり養いましょう。

 

民間資格取得後にすぐに海外の求人を探す

海外でも通用する民間資格を取得したら、すぐに海外の求人を探す方法もあります。

 

未経験者であっても、生まれ育った中で日本語を扱ってきた人材は、やはり貴重です。

 

そのため、日本語教育のスキルを証明できるだけの民間資格があれば、世界中で勤務先を見つけられます。

 

このプランを選択した場合は、海外でも通用する民間資格を取得するべきです。

 

海外では日本の常識は通用しないので、卒業生の主な就職先が分かる専門学校を選ぶことをお勧めします。

 

また、現地では日本人が自分1人ぐらいしかいないケースが珍しくないので、何があっても困らないように、海外勤務がある方に話を聞いておくことも重要です。

 

日本語の講師と並行して民間資格の取得

身近に外国人がいる環境ならば、ボランティアとして日本語教育を始めるのも一つの手です。

 

日本語の講師と並行して民間資格を取得すれば、実務と理論を同時に学んでいけます。

 

特定の団体でのボランティアは、運営者の都合で行われますが、個人的な活動なら無理がありません。

 

大成するまで比較的時間がかかるプランではありますが、外国人と親しくなれるので、逆に外国語を教わる、その国について詳しく教えてもらえる等のメリットがあります。

 

人と人のつながりを重視することで、思わぬ求人が紹介される可能性もあります。

 

語学と海外文化を理解している人材となれば、日本語教育を必要とする会社全般が就職先となるのです。