日本語教師 海外 就職事情

MENU

日本語教師の資格と仕事|海外の就職事情はどうなの?

未経験でも意外にチャンスあり

海外の求人と聞くと、即戦力でなければ応募できないと思い込んでしまう方は多いです。

 

ところが、実際に海外の求人をチェックしてみれば、未経験でも意外にチャンスがある事が分かります。

 

確かに、世界的に有名な大学などは厳選されますが、現地で日本語を教えている民間企業ならば、日本語教師の有資格者というだけでだいたい応募資格があるのです。

 

しかも、世界的につながっているインターネットのおかげで、電子メールですぐに応募できます。

 

これまで海外在住の経験がある、または長期的に暮らしてみたい国がある場合は、海外で働く為に日本語教師の資格を取得してみる事も検討してみましょう。

 

キャリアアップの手段として魅力的

日本国内で非常勤スタッフとして頑張り、地道に常勤スタッフの求人に応募できるだけの実務経験を積んでいくのも一つの手です。

 

しかし、任される仕事が少ない非常勤スタッフでは、日本語教育の実務経験の期間は増やせますが、自分にしかできないセールスポイントを作るところまでは難しいでしょう。

 

海外の求人では、基本的に常勤スタッフとして採用されるから、限られた時間を有効に使えます。

 

いきなり現地で暮らすとカルチャーショックもありますが、キャリアアップの手段として大変魅力的です。

 

現地の生の声を知っているわけだから、その国で新しく事業を始めたい日本企業などから好条件でオファーがかかる可能性もあります。

 

忘れてはいけない就労ビザの取得

海外で長期的に働く為には、その国の就労ビザを取得しなければいけません。短期間の滞在で、その国の経済に貢献する観光とは訳が違う為、信頼できる人間と認められなければ働けないのです。

 

原則的に、その国にとって有益な人材であると認められなければ就労ビザはおりないのですが、日本語教師の求人で採用されたのならば、手続きを間違えない限り大丈夫でしょう。

 

なお、日本語教師の求人によっては、採用側の組織が就労ビザの申請を代行してくれるケースもあります。

 

自分で就労ビザを申請する場合は、発行されるまで時間がかかる点に注意しましょう。日本語教師の資格があれば、就労ビザの申請時においても評価してもらえます。