日本語教師 資格取得 メリット

MENU

日本語教師の資格を取得するメリット

書類審査の時点でも採用担当者にアピール!

資格は、客観的な評価基準を満たした証明であり、履歴書の資格欄にも記載できるのが特徴です。そのため、多くの応募者の中から書類審査される時点でも、日本語教師の有資格者というだけで大きなアドバンテージを得られます。

 

まず書類審査を通らなければ面接してもらえないので、自分の意気込みを採用担当者に伝える為にも、日本語教師の資格取得にチャレンジしてみましょう。

 

日本語教師の求人の応募資格としても、やはり有資格者の日本語教師である事が求められます。特に、客観的なスキルを重視している海外の求人では、指定された日本語教師の資格がなければ、なかなか採用されにくい状況です。

 

自信を持って外国人の生徒に教えられる

就職活動の時点だけではなく、教壇に立って日本語を教えるシーンでも、日本語教師の資格は大きな効果を発揮します。自分がプロの日本語教師である事は、その資格を認定している団体のお墨付きであり、自信を持って外国人の生徒に教えられるのです。

 

人に教える時には、できるだけ自信を持って行う事が望ましいのですが、経験が浅い段階ではなかなかそうもいきません。

 

日本語教師の資格を取得すれば、自分は有資格者であるという自覚を持てます。正しい日本語を教えられる日本語教師の養成を目的とした資格だから、実務に役立つ専門知識とスキルを身につけた、プロと言えるだけの能力に裏付けされた自信です。

 

日本語教師に必要な技能を習得できる

日本語教育に必要な学習範囲は、文部科学省の文化庁がモデルケースを提示しています。これは、あくまで1つの基準と説明されているものの、420時間のカリキュラムを修了した方を官公庁ベースでプロの日本語教師と見なしているのも事実です。

 

日本語教育に詳しい有識者が集まって議論した結果、日本語教師養成講座などの手軽に取得できる資格が登場しました。

 

そういった背景がある日本語教師の資格の対策講座は、日本語教師に必要な技能をスマートに習得できる内容です。一から育て上げる職業訓練としての側面が強く、これまで外国人と話した経験が全くない方でも、日本語教師の資格取得を通して、世界中で日本語を教えられる専門職になれます。