日本語教師 年収

MENU

日本語教師の年収はどれくらい?

日本国内の非正規はコマ単位の給与

日本語教師の求人を探すと、非正規という表現がよく出てきます。非正規とは、契約した分だけ働く雇用形態であり、それ以降については改めて契約の判断をします。

 

契約は双方の合意によって成り立つので、どちらかが断った場合はそれまでです。

 

日本国内の非正規は、レッスンの回数、つまりコマ単位の給与で計算される為、だいたい週数回の勤務で月収5万円程度となります。アルバイトとしてならば、この雇用形態でも継続していけるのです。

 

非正規であっても直接雇用であり、自分の信用に関わってくるので注意しましょう。

 

日本語教師養成講座を修了した直後は、基本的にこの非正規の立場で雇われることになります。

 

日本で正社員待遇になれば月収15万円程度

非正規で実務経験を積めば、やがては正規扱いでの求人が視野に入ってきます。正社員待遇になれば、他の非正規を指導する立場で活躍できるのです。

 

月収15万円ぐらいが相場であって、キャリアを積んでいけば年収300万円台も夢ではありません。

 

コマ数に左右される非正規と違って、正規は受け持ちがどうであれ固定給を確実にもらえる上に、色々な福利厚生もついてきます。

 

日本国内で正社員待遇の日本語教師になることは、サラリーマンでいえば主任や係長の役職になることと同じです。

 

その勤務先の業績にも責任を負う立場になりますが、日本語教育の仕事だけに集中できる環境は魅力的と言えるでしょう。

 

海外においては正社員で月収10万円ぐらい

正規で雇われやすい海外では、月収10万円ぐらいが相場となっていて、国によっても給与の格差が見られます。

 

貧しい国では月収6万円というケースもあるので、将来をよく考えてから赴任するべきです。

 

いくら現地の物価が安いとはいえ、その国に骨を埋める覚悟がなければ、いずれは日本へ帰らなければいけません。

 

現地で生活していたメリットを活かす為に、通訳や翻訳の仕事にチャレンジしておき、自分なりの付加価値をつけておきましょう。

 

日本と関係が深い国であるほど、帰国後の再就職の選択肢が増加します。

 

日本語教師としてやっていくのならば、海外の勤務先から推薦状をもらえるぐらいに頑張るべきです。