日本語教師 未経験

MENU

未経験でも日本語教師になれる?

日本語教師になるという強い意志が大切

未経験可という求人は、現在ではあまり見られなくなりました。どこも人材を育てている余裕がなく、すぐに一人前の仕事を行えることを基準に採用しているのです。

 

新しい分野で活躍したくても、年齢に見合ったスキルがなければ諦めるしかありません。

 

日本語教師は、数少ない未経験でも就職できる職種であり、これまでの人生経験も活かせます。

 

最も大切なのは、何があっても日本語教師になるという強い意志です。

 

自分で考えて行動していく教職である為、むしろ周囲の顔色を伺うタイプではやっていけないでしょう。

 

生徒への授業は、こうすれば良いという単純なものではなく、粘り強い姿勢が求められるのです。

 

未経験であってもプロとして扱われる

日本語教師は未経験であってもなれますが、未経験でも簡単というわけではありません。

 

給与をいただいて授業を行う立場だから、常にプロとして扱われるのです。

 

特に、海外で日本語教師になるケースでは、自分の働きいかんで日本人の評判にも影響してしまいます。

 

未経験でなれることと、周囲から信頼される仕事ができることは、また別の話です。

 

日本語教師養成講座によって専門知識を習得しておくことは、プロの日本語教師として最低限のマナーとなっています。

 

修了直後はまだ半人前ですが、どういった教え方をすればいいのかは分かります。

 

あとは、現場で経験を積んで、一人前の日本語教師になるだけです。

 

日本語教師養成講座が必要とされる理由

未経験でもなれる日本語教師では、いきなり求人に申し込む選択肢もあります。

 

しかし、採用されたらすぐにレッスンを任されることを考えたら、予め必要となる専門知識を学んでおくべきです。

 

自分がやりたい仕事として選ぶ方が多く、日本語教師養成講座を受けることが一般的な流れとなっています。

 

養成講座がそのまま新人研修になっており、その養成講座を主催している専門学校の関連施設で働けるのも大きな特徴です。

 

日本語教師の基礎を学び、同時に養成講座からの紹介で求人を見つけられるのが、養成講座が必要とされる主な理由と言えます。

 

同じ時期に日本語教師を目指している方とは、仲良くなりやすいです。