日本語教師 就職事情

MENU

日本語教師の資格と仕事|国内の就職事情はどうなの?

求人サイトを通した求人が増加している

優秀な日本語教師をすぐに採用する為に、多くの民間企業が求人サイトを利用しています。

 

ベテランの日本語教師であれば、個人的にオファーがかかったり、関係者から紹介されたりしますが、大部分の求人はネットで一般公募されているのです。

 

外国人と直接接するグローバルな職種だから、従来の職種よりオープンな環境なのでしょう。

 

まだ日本語教師の資格を取得したばかりの方でもチャレンジできるので、資格取得をきっかけに転職する事も可能です。

 

未経験でも職歴になる実務経験を積んでいけば、大きな案件に関わる立場になれます。

 

資格取得から転職までスムーズに進められるから、学生から定年退職した方まで幅広い年齢層になっているのです。

 

外国人向け語学学校の求人が中心

日本に長期的に住みたい外国人にとっては、やはり日本語の習得が急務です。

 

そのため、短期間で一定の成果が見込める語学学校の需要は大きく、日本語教師の求人が定期的に出されています。通いやすいように立地が良い駅前にあるので、日本語教師の就職先としても人気です。

 

民間企業での実務経験になる為、未経験の方が第一段階として応募する事もよく見られます。比較的ハードルが低い求人ですが、語学学校の評判に関わる仕事なので、レッスン前の準備などもしっかり行わなければいけません。

 

ともあれ、この外国人向け語学学校の求人のおかげで、日本語教師の資格を取得したが働き口がまったく見つからない恐れは低いです。

 

今後は個人レッスンの需要が増加するか?

インターネットを通したオンラインレッスンが登場したので、今後は個人レッスンの需要も増加するでしょう。

 

海外ではオンラインで必要な知識を学ぶスタイルも一般的であり、リーズナブルな価格でスキルアップができる方法として認知されています。

 

一方、日本語教師にとっても、直接会わなくてもレッスンができるメリットがあり、安全に多くの生徒に教えられる方法として注目されているのです。

 

オンラインの代行業者を利用すれば、トラブルになりやすいレッスン料の徴収についても簡単に済みます。

 

語学学校の高い学費を支払えなかった外国人も取り込めるので、自分の名前でコツコツ信用を積み重ねていけば大きな可能性がある分野です。