日本語教師 求人

MENU

日本語教師の求人にはどんなものがある?

教室で外国人に一から日本語を教える仕事

日本語教師の求人として、最もよく出ているのが、教室で外国人に一から日本語を教える仕事です。

 

語学学校の講師という立場が一般的であり、一定期間毎に契約更新をする雇用形態となっています。

 

講師全体を統括する管理者に昇格できれば、正社員待遇に変わります。

 

日本国内であれば、駅前などで営業している外国人向けの語学学校の求人を探しましょう。

 

海外にも日本語を教える語学学校があるので、同じく講師という立場で働けます。

 

海外で日本語を教えられる人材は少ない為、日本国内に比べて正社員で雇われるケースが多いです。

 

なお、海外の求人では、職場でのコミュニケーションの観点から、現地の言語を理解している方が高評価になります。

 

日本語教育について学術的研究をする仕事

日本語を様々な観点から研究する仕事も、日本語教師の就職先の1つです。

 

大学の語学学科や、官公庁の専門機関などが求人を出しており、採用された時点で基本的に公務員扱いになります。

 

日本語教師の求人としては一番安定していますが、それだけに求められる水準も高いのが特徴です。

 

多くの研究機関では、民間資格の取得だけではなく、4年制大学の日本語学科を主専攻しているといった条件も出しています。

 

即戦力の人材でなければ知ることもできない非公開求人が中心だから、このプランを考えるのならば、かなりキャリアを考えて行動するべきです。

 

応募に際しては、社会的に立場がある推薦人も求められます。

 

必要に応じて外国人に日本語を教える仕事

外国人に日本語を教える必要性は、会社のいたるところで高まっています。

 

しかし、日本語を教える為だけにコストを増やしたくない会社が多く、日本語教育のスキルもある人材の中途採用が増加しているのです。

 

現在仕事をしている業種において、日本語教育もできるとアピールすれば、他の応募者に大きく差をつけられます。

 

一部の業務を海外へ委託している会社でも、現地の外国人とコミュニケーションを取れることで活躍の場が広がります。

 

日本語教師をサブスキルとして扱えば、一般の求人も視野に入るのです。

 

講師は原則的に非正規ですが、自分の職務経歴を活かせば、正社員の求人に応募しやすくなります。