日本語教師 求人

MENU

日本語教師の求人状況について

オンラインに出ている求人が豊富

日本語教師の求人は、短期契約が大部分であることから、他の職種に比べて流動性が高い状況です。

 

原則的に3ヶ月単位の更新制であることから、勤務先の都合で更新されない、もっと良い待遇の職場に転職したいなどの理由で入れ替わっています。

 

転職が当たり前の職種とあって、日本語教師の求人が集まっているサイトもいくつかあります。

 

世界中につながっているインターネットだから、世界各国から求人が出されているのです。

 

自分で直接求人を探せる環境なので、やる気がある方であれば、どんどんチャレンジできます。

 

ただし、その求人を出している会社の信頼性については、自分で調査するのが鉄則です。

 

正社員の求人はあまり出ていない

日本語を学びたい生徒が集まらなければ、わざわざ日本語教師を雇う必要がありません。

 

多くの日本語の講座は3ヶ月サイクルとなっていて、その関係で同じだけの契約期間なのです。

 

海外勤務では、雇っている日本語教師が少ないことから、日本国内より長く働ける傾向にあります。

 

正社員の求人はあまり出ておらず、個人的なコネでもなければ、正社員として雇ってもらうことは困難です。

 

日本語教育のスキルだけでやっていくのならば、イベントの企画運営ができるなどのセールスポイントを作っておく方が良いでしょう。

 

ただ日本語を教えられるだけでは、他の同業者の中に埋もれてしまいます。

 

自分の意思1つで海外勤務も可能

日本語教師になる最大のメリットが、自分の意思1つで海外勤務も可能という点です。

 

自国に貢献できる技能者という理由でビザの取得ができるので、合法的に海外で仕事を行えます。

 

今後は日本円の価値が下がる可能性もあり、直接外貨を稼げることは大きなメリットです。

 

観光客として短期間だけホテルに滞在するのと、その国のアパートに住んで仕事をするのでは、全く立場が違います。

 

前者では経済貢献してくれるお客様扱いですが、その一方で、後者については周囲からシビアに評価されます。

 

その国の本当の姿を知り、その上で自分が何をやりたいのかを掴めるのは、外国人と向き合う日本語教師だからこそです。