日本語教師 楽しい

MENU

日本語教師の仕事|楽しいのはどんなこと?

日本語について誰よりも詳しくなれる

特に意識することなく使っている日本語ですが、よく考えてみると不思議な表現もあります。

 

似たような表現について、なぜそうなるのかと生徒に質問されて戸惑うことも少なくありません。

 

外国人の視点を通すことで、日本語について誰よりも詳しくなれるのが、日本語教師の仕事で楽しいことの1つです。

 

日本語は、漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットと多くの言語が混じっており、なおかつ、特定の状況を表した四文字熟語、相手と自分の立場、シチュエーションによる言い回しの変化も入っています。

 

英語的には間違っている和製英語もあることから、毎日のレッスンが新しいことの発見と感動の連続です。

 

自分の担当した生徒の成長を実感できる

色々な苦労がある日本語教師の仕事を続ける方が多いのは、自分の担当した生徒の成長をリアルタイムで実感できるからです。

 

一生懸命に日本語学習に取り組む生徒たちと接するレッスン中は、サラリーマンの立場で言われた仕事だけするよりも濃密に感じられます。

 

給与としてはあまり恵まれていない日本語教師ですが、誰もが「自分が教えたから日本語ができるようになった生徒の姿を見ることが楽しい」と述べています。

 

自分なりに考えて学習教材を用意することも、可愛い生徒の為と思えば苦労のうちに入りません。

 

自分という存在が必要とされる喜びがあるからこそ、日本人があまりいない海外でも頑張れるのです。

 

先生という立場で生の海外に触れられる

海外で仕事をする場合、その国の人間からは、自国の雇用を奪う対象として見られる場合もあります。

 

しかし、日本語を教えられる日本語教師は、比較的その国の労働者とバッティングしにくい職種となっています。

 

頭ごなしに叱られにくい先生の立場で生の海外に触れられるから、留学経験がある方が、帰国後に日本語教師養成講座にチャレンジするケースもあるのです。

 

時には生徒から軽視されることもありますが、それでも専門知識を教える先生という立場には違いありません。

 

したがって、ただ生徒からの横暴に耐えるだけではなく、然るべき手続きによって、あまりに態度が悪い生徒に対処することも可能です。