日本語教師 将来性

MENU

日本語教師に将来性はあるの?

日本国内の移民増加による変化

日本国内に住む外国人は年々増加しており、国籍による数の違いはあれども、全体的に移民が新たな労働力として期待されています。

 

日本人の雇用を守る点ではデリケートな問題を含んでいるものの、少子高齢化が進行している以上、いかに外国人の移民と付き合っていくのかが大きな課題となるでしょう。

 

海外で日本語を教える従来のスタイルから、日本国内で長期的に住むつもりの外国人へ教えるスタイルとの選択性へ変化してきました。

 

日本語教師の需要としては、日本国内においても大きく増加する可能性が高いです。将来的な求人数だけを見るのならば、それほど心配しなくても良いでしょう。

 

より二極化が進んで格差ができるか?

日本語教師の雇用は、基本的に日本の政治経済に直結しています。海外で日本に興味がある人間が増えるほど、日本語を教えられる日本語教師のニーズが高まるのです。

 

躍進している日本に学ぶ時代が過ぎ、その国と日本の架け橋となれる日本語教師が求められています。ベテランの日本語教師を高い給与で数人雇うか、一定水準の日本語教師を安い給与で多く雇うかの二極化が進行しているのが現状です。

 

高度な専門知識やスキルを持ち、丁寧に日本語を教えられるスペシャリストであれば、海外の企業などに高待遇で迎えられるでしょう。

 

もしも日本語教師一本でキャリアプランを考えるのならば、自分なりのセールスポイントを作らなければいけません。

 

一貫したキャリアプランを持とう

まずは日本語教師の資格取得が目標となりますが、プロになったら他の同業者との競争になります。

 

そのため、自分がどういった働き方をしたいのかをイメージして、一貫したキャリアプランを築き上げていく事が重要です。

 

自分のこれまでのキャリアを棚卸しして、どういった状況でアドバンテージがあるのかを振り返ってみるのも有効でしょう。

 

無理がない範囲でトライして、継続する事で自分の価値を高めていく方法をお勧めします。有資格者になっても、未経験では競争倍率の高い求人や、非公開求人にはまだ応募できません。

 

焦らずにじっくり経験を積んでいく事で、より良い求人への道が開けるのです。