日本語教師 資格取得 最短

MENU

日本語教師の資格を最短で取得する方法とは?

外部で集中的に学べるのならば大学

自宅から毎日通って長時間学べる環境にあるのならば、大学で日本語教育を学んでみるのも効果的です。

 

高卒の方にとっては、大学卒業の学士資格の取得も兼ねるので、日本語教師以外にも色々な求人に応募できるようになります。

 

卒業まで数年間を要するので、一見遠回りにも思えますが、異文化理解についてはトップクラスの環境です。学部と選択する講義によっては、他の専門資格を取得する事も可能であり、約4年間集中して学ぶだけの価値はあります。

 

大学院でも日本語教育を学べますが、原則的に大卒でなければ入学できません。大学より高度な研究機関であり、具体的な研究計画の提出も求められるので注意しましょう。

 

自宅にいる時間も活かせる日本語教師養成講座

初心者が最短で日本語教師の資格を取得したい場合は、スクールの日本語教師養成講座がお勧めです。

 

何も知らない初心者でも、無理なくプロの日本語教師になれるカリキュラムと講師陣が用意されているから、手応えを感じながら学習を進められます。

 

世界的に認められている日本語教師の資格だけあって、約1年間の学科と教育実習のカリキュラムを修了するだけで、即戦力として転職可能になるのが特徴です。

 

教材一式を購入する形になるので、自宅にいる間も机に向かって勉強できます。日本語教師養成講座で教えられた事などを書き込んだノートは、現場に出てからも大きな支えになってくれるでしょう。

 

学力に自信があるのならば日本語教育能力検定試験

すでにボランティアなどで日本語教育の経験があるケースでは、ストレートに日本語教育能力検定試験にチャレンジしてみる方法が最短です。

 

この試験に合格できれば、その時点で日本語教師の有資格者として履歴書にも記載できます。

 

大学受験といった試験勉強に慣れている方については、最新の出題傾向が分かる市販の教材で独学をすると、教材代と試験料ぐらいの出費で済みます。

 

独学でも合格できるレベルの試験となっているものの、1人で教材選びから始めるのは大変です。

 

合格まで地道に勉強を続けていく為にも、大学の日本語教育に関する講義や、現場の雰囲気も理解できる日本語教師養成講座と並行して進めていく事をお勧めします。