日本語教師 資格

MENU

日本語教師の資格はどんなものがある?

日本語教育の学科がある大学を卒業する

他の国の文化なども理解したい方には、体系的に学べる大学をお勧めします。

 

日本語教師の資格として認められる基本的な条件は、日本語教育を専門的に学べる学科を修める事であり、各大学によって名称が異なります。主に教育学部、文学部、人文学部、外国語学部といった文系学部の1学科として設置されています。

 

日本の大学は、主専攻と副専攻の2本立てで幅広く学ぶカリキュラムとなっており、日本語教師の有資格者として認められるのは日本語教育の主専攻です。

 

もちろん、副専攻で有資格者と認められるケースも多いのですが、日本語教育の主専攻と指定されている求人は対象外になってしまいます。

 

日本語教師養成講座を修了する

文部科学省における文化庁では、日本語教育についての指針を示しており、420時間の日本語教師養成講座を修了する事が望ましいとしています。

 

異文化を理解しつつ、外国人が分かるように教えられる知識とスキルを身につけるには、最低でも420時間ぐらいは必要であるという文化庁の指針に基づいたカリキュラムをこなせば、初心者であっても専門知識を備えた日本語教師になれます。

 

日本語教師養成講座は、資格対策講座の1つとして、主に資格関連のスクールで開催されています。

 

社会人でも通いやすい土日コースもあるので、将来的に日本語教師になる為に、昼間働きながら通っている方も少なくありません。

 

日本語教育能力検定試験に合格する

日本語教師として一定水準をクリアしている証明が欲しいのならば、日本語教育能力検定試験にチャレンジするのが一番です。

 

公益財団法人日本国際教育支援協会と、同じく日本語教育学会が関わっている日本語教師の資格であり、合格すれば名実ともに有資格者として扱われます。

 

文部科学省の定めている、日本語教育施設における日本語教師の定義に該当するなど、限りなく国家資格に近い位置づけとなっているのが特徴です。

 

教育論から言語学まで幅広い範囲から出題される試験ですが、マークシートと記述による回答方式なので、地道に勉強していけば誰でも合格できる可能性があります。長時間の試験である為、配点が高い問題を優先するといったテクニックも必要です。