日本語教育 大学

MENU

日本語教育を大学で学ぶには?

現役高校生なら日本語教育を主専攻できる

これから大学進学を控えている現役高校生であれば、自分の希望する大学で日本語教育を主専攻できる立場です。同じ大学であっても、学部などによって選択できる講義が異なるので、日本語教育の主専攻と認められるカリキュラムなのかをよく確認しておきましょう。

 

一番のメリットは、現役大学生として、同年代の留学生と人間関係を作れる点です。

 

逆に、興味がある国の大学へ留学する事も容易であり、異文化を肌で実感しながら、日本と世界の関係について考えられます。

 

教養を増やす為に日本語教育を副専攻するケースでも、同様に多くの外国人と知り合いになれます。

 

しかも、主専攻の専門分野と組み合わせれば、一気に選択肢が広がるのです。

 

社会人を受け入れている大学もある

日本の大学には、入学要件を満たせば、誰でも入学できます。とはいえど、忙しい社会人のまま一般受験で合格する事は厳しく、一部の大学で実施している社会人入試や、比較的社会人が通いやすい大学院への入学も検討しなければいけません。

 

まだ若い方については、自分のキャリアを抜本的に立て直す為に、受験対策から取り組んでみるのも一つの手です。

 

社会人が入学しやすい私立大学も視野に入れると、働きながら単位取得をしていく事も可能です。

 

ただし、フルタイムで働いている場合は、大学の講義と両立していくにはかなりの根気と体力を要します。長く在籍すると学費がかさむので、事前に学習計画を立てておきましょう。

 

大学関係者に人脈を作りやすい点が魅力的

大学で単位を取得する為には、定期的なレポートの提出と、試験で一定以上の点数を取らなくてはいけません。

 

さらに、その学部と学科における必要な単位数を超えなければ、卒業できないのです。

 

それだけ苦労してまで大学で日本語教育を学ぶのは、大学関係者に人脈を作る為でもあります。

 

その大学の学生となれば、教授にしても親身になって色々な相談に乗ってくれます。卒業してからも連絡をとっていれば、大学関係の非公開求人を紹介してくれるケースもあり得るのです。

 

大学院の修士課程以上を修めれば、日本語教育の研究者として、自分の考えによる研究を論文として発表する事もできます。