日本語教育能力検定試験 学習方法

MENU

日本語教育能力検定試験|効率的な学習方法とは?

自分の環境に応じた学習計画を立てよう

難関試験である日本語教育能力検定試験は、自分の気が向いた時に当てもなく勉強しているだけでは、合格できる可能性が低いです。

 

したがって、本番で合格点を取れるように、入念に学習計画を立てなければいけません。自分の環境に応じて、継続できるボリュームにすることがポイントです。

 

専門用語や独特な言い回しが頻繁に出てくる為、この検定試験そのものに早く慣れる必要があります。

 

どれだけ効率的な学習方法を選択しても、短期集中で1ヶ月ぐらい、長期間で少しずつ進めていくのならば半年間ほどかかります。

 

日本語教育をはじめて学習する場合は、1年間程度の学習期間とした方が良いでしょう。

 

出題されやすい分野を押さえておこう

数ある日本語教師になる方法の中でも、この日本語教育能力検定試験は、最も学術的なカラーが濃いのが特徴です。

 

実質的に文部科学省が公認している資格だけあって、日本語教育の研究者が集まって制作しています。

 

公式の出題範囲を見てみると、大学4年間かけても終わらないような膨大な量だと分かります。

 

全ての試験範囲を漏れなく完璧にすることは、とても現実的な学習方法ではありません。

 

効率的な学習方法にする為には、検定試験の対策講座によって、出題されやすい分野を押さえておくことが重要です。

 

多くの合格者を出してきた対策講座なら、合格点を取れるノウハウによって、効率良く学習できます。

 

記述式問題の対策も同時に進めておくべき

独学で一番つまずきやすいのが、自分で回答を作成していく記述式問題です。

 

リスニングは、学習用CDなどで補強すれば、合格水準まで到達することができます。けれども、記述式問題は、高評価を得られる文面にする必要があるのです。

 

検定試験の対策講座では、記述式問題の対策も同時に進められる構成になっていて、プロによる添削と指導を受けられます。

 

日本語教育能力検定試験に合格することは、スマートに記述式問題を解けることでもあります。

 

長時間の検定試験だから、1つの問題にかけられる時間は限られています。

 

他の知識問題を手早く解きながら、思考力が求められる記述式問題も解いていくのです。