日本語教育能力検定試験

MENU

日本語教育能力検定試験とは?

日本語教師の有資格者として認められる

日本語教師の資格として認知度が高いのが、筆記試験によって行われる日本語教育能力検定試験です。

 

公益社団法人日本語教育学会が認定している民間資格にも関わらず、日本語教育を担当できるだけの能力がある事を証明できる公的な資格になっています。

 

日本語教師についての明確な統一資格がない背景については、ボランティアで日本語教育を行っている方々に配慮している点も大きいです。

 

文部科学省などの日本語教育の指針を決めている機関では、この日本語教育能力検定試験を1つの資格として重視しています。

 

なお、日本国内からの出願のみとなっているので、海外在住で受験を希望される方は注意しなければいけません。日本に住んでいる方にひとまず代理で出願してもらうのも、1つの解決策でしょう。

 

独学での合格は難しく対策講座が必須

日本語教育能力検定試験の合格率は、全科目受験者の20%程度となっています。年によって多少の変動はあるものの、初心者が闇雲に勉強して合格できるほど簡単な試験ではありません。

 

すぐに就職できる専門的な資格の合格率としては高い方ですが、試験範囲が多岐にわたっており、独学での合格は大変難しいのが現状です。

 

未経験の方が短期間で確実に合格したいのならば、日本語教育能力検定試験の対策講座を受講する必要があります。

 

この試験は、マークシートと記述による筆記試験であり、出題されやすいポイントだけに絞った通信制講座で効率良く勉強するのもお勧めです。

 

日本語教師養成講座と並行するのが一般的

初心者でも段階的に日本語教師になれる日本語教師養成講座は、日本語教育能力検定試験の受験対策としても有効です。

 

多くの方と触れ合う通学制スクールであればモチベーションを維持しやすいですし、疑問点をすぐに講師に質問できます。

 

相乗効果が期待できるとあって、日本語教師養成講座と受験対策のお得なセットを提供しているスクールも多いのです。

 

日本語教育能力検定試験に合格して有資格者になれば、多種多様な求人に応募できる状態になります。

 

日本語教師養成講座は、所定のカリキュラムをこなせば誰でも修了できますが、それに比べて難関試験に合格している方は限られているのです。