日本語教師 通信講座

MENU

日本語教師の代表的な通信講座はどんなのがある?

実績が豊富な通信教育

自宅でマイペースに学習できる通信教育は歴史が長い分野であり、長年培ってきたノウハウが魅力的な専門業者もいます。ヒューマン・アカデミーでは、通学講座に負けないだけのオリジナル教材とカリキュラムを用意しており、他の方を気にせずに日本語教育の基礎を学べます。

 

語学教育において評価が高いアルクでも、現役のプロも認める高度な日本語教育を習得できます。

 

オンラインで注文から支払いまで済ませられる業者ばかりで、カリキュラムの修了と同時に、日本語教育能力検定試験の合格を1つの目標としているケースが多いです。合格保証がついている通信講座であれば、安心して長い試験勉強を頑張れるでしょう。

 

スクーリングも選択できる実践的な通信講座

1975年に設立した千駄ヶ谷日本語教育研究所は、オンライン講義にも力を入れており、自宅がそのまま講義室に変わります。一部の教材まで電子化されているから便利で、コースによってはスクーリングも含まれているのが大きな特徴です。

 

スクーリングとは、通信講座における生講義の事でして、この場合は外国人に直接教える教育実習などを指します。土日を複数回、または平日4日間程度の日程となっているのが一般的です。

 

愛知産業大学短期大学通信教育部においても、同じように模擬授業といったスクーリングを経験できます。複数の言語を教えている教育機関だから、必要に応じて英語などの外国語を学ぶ事も可能です。

 

文化庁推薦の420時間カリキュラムの通信講座

1986年から多くの日本語教師を輩出しているアークアカデミーは、2015年春からオンラインで受講できる通信講座を開講します。文化庁推薦の420時間カリキュラムに沿った日本語教師養成講座となっており、これまでにない画期的なものです。

 

インターネット環境さえ整えれば、どこでも受講できるので、通える範囲に校舎がなくて諦めていた方には朗報でしょう。

 

アークアカデミーの420時間カリキュラムの通信講座を修了すると、日本語教師養成講座420時間の修了証をいただけます。修了証そのものが日本語教師の資格である為、この通信講座を修了させる事にだけ集中できるのです。