日本語教師 国内 給料

MENU

日本語教師の資格と仕事|国内の給料はどれくらい?

民間企業のスタッフは月給制

語学学校などの民間企業に勤める場合は、一般的な求人と同じように扱われるので、毎月20万円ぐらいの月給制です。

 

年俸制となっているケースでも、月1回決められた日に1ヵ月分が指定口座に振り込まれます。また、日本国内の求人である為、職場までの交通費の支給があり、各種社会保険も完備している事が多いです。

 

しかし、求人に掲載されている月給は1つの目安であり、本人のキャリアやスキルによって上下します。たとえば、ホテルのような接客技術を教えている教育機関では、実際に接客スタッフとして働いていた実務経験があると有利です。

 

人に教える仕事内容ではありますが、原則的に教員免許は必要ありません。

 

常勤と非常勤の2種類

日本語教師の給料は、フルタイム勤務の常勤スタッフと、パートタイム勤務の非常勤スタッフで大きく異なります。

 

常勤スタッフは、外国人に対するレッスンだけではなく、企画運営などの責任ある仕事も担当するので、年収400万円以上という求人も出ています。

 

それに対して、非常勤スタッフは受け持っているレッスンだけですが、そのレッスン時間と時給から算出された給料しか支払われません。レッスンには、資料作成や添削といった色々な作業が付随してきますが、そういった作業時間はあまり考慮されないので注意しましょう。

 

非常勤スタッフの方は月給10万円前後であり、複数の勤務先を掛け持ちする事で対応しています。

 

個人レッスンは契約内容による

個人レッスンは個人間の取引である為、契約内容によって報酬の金額が決まります。自分で営業から集金まで行うのならば、機材の購入といった経費分を除いて全て収入になります。

 

インターネットのオンラインレッスンについても、個人で簡単に始められる時代です。WEBカメラなどの機材一式は2万円ぐらいで揃えられるので、自分の名前で生徒を集められるぐらいの方であれば、1つの選択肢になるでしょう。

 

非常勤スタッフとして働きながら、並行して個人レッスンを行っている日本語教師も少なくありません。

 

付加価値の高い日本語教師であれば1時間5,000円以上という高額料金も可能ですが、1時間2,000円程度が現在の相場です。