日本語教師になるには 独学

MENU

独学で日本語教師になるには?

直接外国人とコミュニケーションを取る

日本語教師の仕事は無資格であっても行える為、直接外国人とコミュニケーションを取ることでも目指せます。

 

独学であっても、生徒である外国人に日本語を教えられれば問題ありません。

 

この方法が一番早いのですが、個人的に親しい外国人がいないと、生徒を探すのに時間がかかります。

 

それに、相手に分かりやすく教える技術の習得が手探りになってしまうので、効率が悪いこともネックです。

 

せっかく付き合ってくれる相手の時間をムダにしない為にも、実績がある養成講座を受講しておくことをお勧めします。

 

自宅学習ができる安価な通信講座を一通り受けておくだけでも、日本語の教え方が大きく改善されます。

 

市販のテキストを購入して自宅で学習する

日本語教育については、毎年多くの関連書籍が出版されています。書店で購入できる市販のテキストがあれば、独学でも日本語教師を目指せるのです。

 

手軽に専門家の意見を確認できるので、費用対効果の高さから、とても魅力的な方法と言えます。

 

市販のテキストは、それを執筆した著者の主観に基づいた内容です。それゆえ、偏った考えを持つ著者であった場合、誤った日本語教育になってしまう恐れがあります。

 

本当に信頼できる人間であるかどうかをしっかり調査してから、テキストを購入するべきです。

 

それに対して、日本語教師養成講座のテキストは、実務に適した内容を集めた、信頼できる最新の内容です。

 

DVDなどの教材によってノウハウを学ぶ

実際の日本語教師の教え方を見られるのが、DVDなどのマルチメディア教材のメリットです。

 

独学で日本語教師を目指す方にとっては、これほど頼もしい味方はないでしょう。

 

市販のテキストの付属品、あるいは、日本語教育用のDVDとして購入するのが一般的です。

 

現場の雰囲気を掴めるメリットがありますが、その内容は撮影した場所や予算によって変わってきます。

 

その点、日本語教師養成講座のDVD教材は、多くの生徒が学んでいる教室でプロによって撮影され、正しい日本語教育を学べるように構成されているので安心です。

 

自宅学習用の通信講座についても、日本語教師養成講座には長年の実績があります。