日本語教師 大変

MENU

日本語教師の仕事|大変なのはどんなこと?

日本の文化を正しく知ってもらうこと

日本語教師の仕事は、対面式のレッスンで一から日本語を教えることです。

 

けれども、わざわざ日本語を教わろうという生徒は、日本の文化にも強い関心があるケースが多く見られます。

 

日本の会社と密接な関係がある国では、日本で働きたいからという動機も主流です。

 

日本語教師養成講座においても、ある程度は日本の文化について言及していますが、現場で通用する教え方は手探りとなっています。

 

どの国であっても異文化理解は難しく、日本語を教えるプロである日本語教師の責任は重大です。

 

日本では当たり前のことでも、その国ではあまり好ましくないこともある為、慎重に日本の文化を教えていく必要があります。

 

レッスンに関わる仕事は持ち帰りで対応

日本語のレッスンについては、生徒が支払う学費の関係から、マンツーマンより集団レッスンの方が多く開催されています。

 

そのため、レッスンで使用する教材やプリントの準備、各生徒の受講成績といった色々な仕事も並行してこなしていくのが、日本語教師の基本的なスタイルです。

 

レッスン単位で報酬が支払われる契約の場合、これらのレッスンに関わる仕事については、ほぼボランティアとなるので注意しましょう。

 

他の先生方とも協力していくので、朝のミーティングから夕方まで1日中拘束される勤務体系もあります。

 

さらに、正社員勤務であるのならば、その語学学校の運営についても参加を求められる立場です。

 

現地語が分からないと軽視される場合も

海外勤務でありがちなケースですが、現地語が分からないと生徒から軽視される恐れがあります。

 

あまり生徒の質が良くない語学学校では、現地語で悪口を言う等の授業妨害すら珍しくありません。

 

全ての生徒が不真面目というわけではありませんが、海外勤務をする時に現地語が全く理解できないのは不安材料です。

 

現地の生活でも使用するので、赴任してからでも現地語の勉強をしておきましょう。

 

英語で通じる国が多いものの、やはり長く親しまれてきた現地語でやり取りする方が有利です。

 

それに、自分が軽く扱われている状況を放置しておくと、やがては他の人間からも軽視されてしまう悪循環に陥ってしまいます。