日本語教師 能力

MENU

日本語教師に求められる能力とは?

外国人に根気強く教えられますか?

日本語教師に求められる能力は、緊張している外国人に優しく丁寧に教えられる事です。

 

しかし、それを実現する為には、信頼性の高い日本語教師の資格取得のみならず、生徒たる外国人が受講したくなるようなレッスン内容にする必要があります。

 

日本語の母音の発声練習から始める外国人に根気強く教えられる事が、日本語教師として働く為の最低条件と言えるでしょう。

 

わざわざ自発的にレッスンを受講しているだけあって日本語を学ぶ意欲は高いものの、その意欲を大切に育てていけるかどうかがポイントなのです。

 

そのため、ベテランの日本語教師であるほど、生徒に理解させる為のテクニックを豊富に持っています。

 

言語学から異文化理解まで幅広い能力が必要

日本語の基本的な文法は、日本の義務教育を受けていれば誰でもマスターしています。

 

あとは、それに加えて、外国人に分かりやすく教えられる技術、例えば教授法といった長年培われてきた専門知識も学ばなければいけません。

 

日本語教師を目指す場合は、正しい日本語を把握する意味でも、改めて日本語の文法、語彙、文字表記を復習する方が良いでしょう。

 

また、言語学の勉強と併せて、生徒となる外国人の母国についての異文化理解も進めていくことをお勧めします。

 

相手が生まれ育った文化を知らなければ、満足度の高いレッスンにすることが難しいでしょう。幅広い能力が求められる専門職ですが、日本語を母国語としてきただけで、頑張ればプロになれる位置にいるのです。

 

いかに相手にイメージさせられるか

日本語では、他の言語と異なり、複数の文字が使用されています。

 

最低限の意思表示ならば、ひらがなを並べるだけでも行えますが、自分の意見を述べるような場面ではやっぱり不十分ですし、何より日本語を活かして日本国内で仕事をしたいといったニーズを満たす事は困難です。

 

かといって、いきなり漢字などを杓子定規に教えようとしても、これまでアルファベットしか知らない生徒にとって、かなりの負担になってしまいます。

 

その生徒の負担をできるだけ軽くしてあげる事が重要であり、いかに相手にイメージさせられるかが日本語教師の腕の見せどころなのです。自分に関係したものだと認識させれば、その生徒の理解力は大きく向上します。