日本語教師 タイ

MENU

日本語教師の仕事|タイで働くには?

親日国として東南アジアでは過ごしやすい

東南アジアには日本と関係が深い国が多く、日本語教師の需要が大きいエリアとなっています。

 

タイは親日国として日本人に優しく、海外滞在の初心者にとって難易度が低い国です。

 

ただし、タイ国内の会社は、なぜ外国人を雇用するのかを官公庁に説明する義務を負っています。

 

日本語が分かるタイ人を日本語教師にする選択肢もある以上、彼らよりも有能である証拠を提示しなければいけません。

 

タイの官公庁からも厳しい目線で見られるので、日本語教師養成講座のような即戦力になれるカリキュラムをお勧めします。

 

日本語のプロとして雇われる以上、その資質を問われるような教え方では長くは勤められないでしょう。

 

タイ語が分からなくてもOK

ビジネスで働くには条件がきつめのタイですが、求人に応募する時点ではタイ語が理解できなくても大丈夫です。

 

タイの官公庁へ就労ビザなどを手続きしてくれる勤務先もあり、海外へ行かなくても仕事を始める準備を行えます。

 

東南アジアの中では日本人がいたるところで働いている国で、同じ日本人を見つけることが簡単です。

 

タイ国内でも地域によって生活水準が違う為、赴任する場所によっては周囲に何もないことがあり得ます。

 

タイの求人に応募する前には、しっかり下調べをしておきましょう。

 

インフラや各種サービスが充実している、華やかな観光地の都市となると、人気が高いので競争倍率が高くなります。

 

海外であっても日本から就職しやすい環境

日本と密接なつながりがあるだけに、海外であっても日本から就職しやすい環境です。

 

タイで日本語教師をしたい方向けの仲介業者も活動しており、短期のインターンシップも選択できます。

 

現地についての情報も豊富で、採用されてからミスマッチになりにくいのです。

 

タイにおいては、4年制大学を卒業しているかどうかで、応募できる求人の数が大幅に変わります。

 

なぜなら、就労ビザの関係で、専門職の基準が大卒となっているからです。

 

最終学歴が大卒になれば、タイで日本語教師をする時にも厚遇されます。

 

生徒からの信頼にも関わってくるので、大卒で日本語教師養成講座を修了しておくのがお勧めです。