日本語教育 大学

MENU

日本語教育を大学で学ぶメリットとは?

4年制大学卒業という資格も取得できる

日本語教育を大学で学ぶメリットとしては、4年制大学を卒業した証である学士資格も取得できる点を挙げられます。

 

これは、世間で大卒として扱われる資格であり、履歴書の学歴としても通用するものです。

 

人材採用では、大卒と高卒で応募できる区分が明確に分けられています。

 

そのため、大卒になるだけで、より有利な待遇の求人に応募できるのです。

 

現役の高校生が進学するのであれば、いきなり日本語教師と決めつけるのではなく、カリキュラム的に日本語教育も学べる大学を選ぶと良いでしょう。

 

大学の講義は、必修のもの以外は自由に組み合わせられるので、あとから進路の希望が変わっても柔軟に対応できます。

 

日本語教育の専門家から教えてもらえる

日本語教育は、日本にとって大きなテーマであり、大学の中で研究している方も大勢います。

 

主に研究室で文献研究などを行っているので、大学の外へ出ることは公演ぐらいです。

 

最先端の日本語教育の専門家だけあって、外部の生徒に日本語教育を教えることはあまり行いません。

 

だが、その研究者が在籍している大学の学生になれば、研究室に所属する、講義を聴くといった選択肢ができます。

 

専門学校の講師は、実務経験があるプロですが、さすがに日本語研究については修めていないケースが多いです。

 

将来的に、本格的な日本語研究を行いたい場合は、有名な日本語教育の研究者がいる大学への進学をお勧めします。

 

日本語教育を活かせる仕事に広く就ける

日本語教師養成講座は、短期間でプロの日本語教師になる為に有効です。

 

しかし、他の日本語教育の仕事に就きたい方にとっては、ミスマッチになってしまう可能性があります。

 

大学のキャンパスは、日本語教育に加えて、幅広い科目を任意に学べる環境です。

 

教員免許などの就職に有利な資格にもチャレンジできるから、日本語教育のスキルを活かせる仕事に広く就けます。

 

その大学の同窓生ともつながりができるので、OB訪問による就職活動もできます。

 

働きながら講義を受ける場合でも、新しい方向へ進むキッカケになるのです。

 

今の勤務先しか知らないのならば、まだ若いうちに大学生活を体験してみましょう。