日本語教師 特徴

MENU

日本語教師に向いている人の特徴とは?

好奇心旺盛で人当たりが良い人

教壇に立つ日本語教師は、ただ日本語を教える存在ではなく、日本という国の第一印象にもなっています。したがって、はじめて接する日本語への緊張をやわらげる事も必要であり、好奇心旺盛で人当たりが良い人ほど日本語教師に向いているのです。

 

日本語教師の求人においても、日本語教師の有資格者と並んで、人当たりが良い事も書かれているケースが目立ちます。

 

相手の言っている内容が理解できない事は大きなストレスなので、笑顔や雰囲気で生徒をリラックスさせるのも、日本語教師の仕事における重要なポイントです。初対面でも話しやすいといった人柄は、日本語教師になる為の就職活動で高く評価されるでしょう。

 

異文化を尊重して根気強く対応できる人

その国でしか見られない表現、単語があるように、文化が違う相手とは意思疎通が困難になってしまいます。たとえば、日本では相手を褒めるジェスチャーだが、とある国では正反対の意味になってしまう事例も考えられるのです。

 

様々な価値観がある異文化を尊重して、相手が理解できるまで根気強く対応できる人は、それだけで日本語教師の素質があります。

 

日本語教師養成講座などを修了すれば、誰でもプロとしての心構えや専門知識を習得できます。日本語を効率良く教える為のノウハウがあるから、初心者であっても1年間ぐらい集中して日本語教育の勉強をする事で、プロの日本語教師として世界中で活躍できるのです。

 

日本の歴史と文化をよく理解している人

異文化の中で育ってきた外国人と接すると、自分が日本人としてどうなのかが問われます。日本にはどういった歴史と文化があるのか?をきちんと説明できなければ、生徒にしてみれば物足りなくなってしまうのです。折り紙のような、すぐに披露できるパフォーマンスを準備しておくのも、日本語教育において効果があります。

 

日本に興味があるから日本語を学びたい外国人が多いので、日本語教師の資格取得を目指しながら、並行して日本の歴史と文化も調べておく事をお勧めします。

 

異文化理解においても、まず自分のポジションを明確にする事が必要不可欠なのです。自分が何者でどういった価値観を持っているのかを示せなければ、多種多様な国籍の生徒に対して的確に日本語を教えていくのは難しいでしょう。