日本語教師 資格

MENU

日本語教師の資格と仕事|国内における働き方とは?

日本語教師の求人に応募して働く

日本国内で生活していくには日本語ができる方が便利なので、外国人に日本語を教えられるスキルがある日本語教師のニーズは年々高まっています。

 

きちんと日本語をマスターしたい外国人を顧客としている民間企業を中心に、1年を通して多くの求人が出ているのです。

 

ただし、外国人を相手にする性質上、留学生が多い大学付近、外国人が集まっている首都圏、政令指定都市に求人が集まりやすい状況となっています。

 

日本語教師に関係した有資格者であれば、おおよその求人に応募できますが、教師としての実務経験が求められる場合もあります。

 

なお、書類審査を通過したら、2次試験の面接と模擬レッスンで採否が決まります。

 

日本語のプロを必要としている教育機関

大学などの教育機関においても、留学生の受け入れの一環として、日本語教師を配置するようになってきました。

 

産学協同が推し進められているので、信頼性の高い教育機関のスタッフとして様々な方面へアプローチできる点が魅力的です。

 

けれど、社会的信用とキャリアプランを両立できる立場とあって、その競争倍率はとても高く、応募資格として大学での日本語教育主専攻も含まれているケースが多くあります。

 

ボランティア等を実務経験とは見なさない、日本語教育以外にも専門知識が必要といった厳しい条件ではありますが、長期的にチャレンジしてみるだけの価値がある働き方です。

 

自分で生徒を見つけてレッスンする

日本語教師として扱われる一定の基準はありますが、現状では日本語を教える事に制限は設けられていません。

 

そのため、自分で生徒を見つけてレッスンする選択肢もあり、パートタイム的に日本語を教えている日本語教師がよく行っています。

 

この個人レッスンでは、日本語教師と外国人の間に契約が結ばれ、原則的に自己責任になるのが特徴です。

 

たとえば、契約していたレッスン料の未払いが発生しても、日本語教師が自分で解決する事が必要となります。

 

ゆえに、信頼できる生徒であるかどうかの見極めがポイントであり、最初はカフェのような公共スペースで人柄を確認するなど、慎重に生徒探しを進めていくのが一般的です。