日本語教師 海外勤務 給料

MENU

日本語教師|海外勤務の給料はどれくらい?

基本的に現地通貨で支払われる

海外で働く日本語教師には、基本的に現地通貨で月10万円ほど支払われます。その国で経営している民間企業などで働くから、現地スタッフと同様に扱われるのです。

 

中国であれば元、タイであればバーツといった具合ですが、求人では日本円相当で表示していない事もあるので、現地の物価と為替レートを考慮しながら、実際に生活できるだけの金額であるかどうかをチェックしましょう。

 

海外は日本以上の契約社会だから、雇用条件は納得がいくまで確認して、全ての条件を文面にした契約書を交わす方が安全です。海外ではその国の法律に従う為、何かあっても自分で対処するしかありません。

 

そういった時に、法的に有効な契約書がなければ、自分の正当性を証明する事が困難なのです。

 

就労ビザ申請などの諸経費に注意

現地で長期間働く為には就労ビザの取得が必須となっており、その他にも色々な申請で費用がかさみます。

 

その国の制度によっては、日本から現地へ直接出向いて手続きをしなければならず、そういった諸経費も考慮しておく必要があります。

 

求人によっては、就労ビザの取得などの費用負担をしてくれるので、まだ海外に慣れていない方でも安心です。

 

とはいえ、そこまで厚遇してくれる求人は、採用者にそれ相応の働きを期待しているので、きちんと結果を残せるように頑張らなくてはいけません。

 

一時的な研修で将来的には日本国内で常勤スタッフとして働いてもらう求人、あるいはその国の正式な教育機関の求人において多く見られます。

 

日本とは福利厚生の仕組みが違う

海外では、日本より衛生環境が悪い事が珍しくありません。

 

日本と同等以上に清潔で安全なエリアもあるのですが、日本語教師として着任した場合は、そのような高級住宅街には住めないでしょう。

 

防犯については、危険なエリアに行かなければ大丈夫ですが、健康状態の管理が大きな問題となります。日本のような保険制度はないので、必ず現地で健康保険に加入しておきましょう。さもなければ、とても払えないような高額の治療費を請求されてしまう恐れがあるのです。

 

日本語教師の求人によっては、勤務先の費用負担で定期的な健康診断を受けられたりするので、福利厚生についても忘れずにチェックしておく事をお勧めします。